管理会社に空室対策を代わりにしてもらうという方法

案内女性

空室リスクへの対応

室内

空室を減らす努力

株やゴールド、外貨貯金など、あらゆる投資方法がありますが、年齢層を問わずに人気の投資方法に不動産投資があります。なかでもマンション経営は人気の不動産投資方法です。そのマンション経営を行う場合には空室が生じた場合の対応が重要になります。空室対策として一般的になされるものには3つの工夫があります。1つ目は魅力ある物件にするための投資を行う工夫で、老朽化した部分のリフォームを行ったり、人気設備を新たに設置したりすることなどが考えられます。これらの投資を行ってもアピール不足であれば入居希望者は集まりませんので、2つ目の工夫として積極的な広告が挙げられます。インターネットを活用したり新たなチラシを配るなど情報を広く発信することが重要になります。3つ目の工夫としては家賃をはじめとした入居条件の緩和があります。入居条件の緩和は後々にまで影響するため最終手段ではありますが、これらの工夫で入居者を呼び込むことができます。

収支計画の見直し

注意しなければならないのは、これらの対応がどれも出費を伴うという点です。マンション経営は投資のために行うものですから、空室対策とは言っても、支出を大きくするだけでは意味がありません。空室対策を行った結果、入居者を集めて家賃収入を増加させてこそ意味があるのです。しかし、空室対策は費用がかかりますので、その分だけ収支計画の悪化を招くということを知っておくことが重要です。ある程度収支の悪化を見込んでも総額的には十分な投資利回りを確保できるかどうかを検討しなければなりません。特に家賃の引き下げなどは将来的な収益を大きく損ねるものですから、事業期間を延長しなければ十分な収支の均衡が図れない場合も生じてきますので注意が必要です。

Copyright© 2016 管理会社に空室対策を代わりにしてもらうという方法 All Rights Reserved.