管理会社に空室対策を代わりにしてもらうという方法

レディー

大家業成功法

マンション

空室率を下げる

大家業で安定的な収益をあげ続けたいと望んでいるのであれば、空室対策をしっかりと実施し、常に部屋が塞がっている状態を維持し続けるようにする必要があります。しかし、空室期間を全く生じさせないというのは現実的にほぼ不可能です。賃貸住宅を借りる人の中には、家を購入するだけの資金を持っていないから賃貸で済ますという人と、ライフスタイルの変化に合わせて住み替えたいと考えている人の両方がいます。一生同じ賃貸住宅に住み続けようと考える人はそう多くありませんから、居住者がいずれ退去していくことを前提に、万全の空室対策を講じておくようにした方がよいです。とはいえ、個人が行える空室対策には限界がありますので、管理会社に任せてしまう方が賢明です。管理会社は賃貸経営のプロですから、実効性のある空室対策を施してくれます。

礼金を変える

決して景気が良いとは言えないような状況が続いているため、住居費用を少しでも安く済ませたいと考える人が増えています。似たような条件の賃貸物件であれば、より家賃の安い物件から先に入居者が決まっていきます。大家側には、賃貸物件の建築費用をペイし、なおかつ収益もあげなくてはならないという事情がありますが、家賃を高くしすぎると入居希望者が集まらなくなってしまいます。ここ数年は、家賃を下げるだけでなく、初期費用額を安くするという方法で入居希望者を集めるケースが増えてきています。具体的には、礼金を無料もしくは半額にするケースがとても多いです。敷金は退去時の原状回復にあてる金銭ですから、これを無料にしてしまうと逆に支障が生じます。しかし、礼金は、その名が示している通り、あくまでもお礼として大家が受け取る金銭ですので、無料にすることが可能です。最近は、賃貸物件が余り気味になっているため、今後は空室対策として礼金を無料にするケースが増加するだろうと予想されています。

空室を作らないために

部屋

アパートやマンションのオーナーは、常に空室対策に気を使います。築20年以上過ぎた物件では、できる範囲で設備投資をするのも効果的です。また、地域のお年寄りに貸せる部屋として申請を行えば、新たな入居者を得る手立てにもなります。

View Detail

不動産は稼ぎやすい

和室

不動産経営は成功している方がいる一方で、空室で悩んでいる方がいます。空室対策として、ニーズを把握することが重要です。利用する人が何を望んでいるかに合わせていくべきです。リスクが低いので、最低限の知識と空室対策ができれば成功することは可能です。不動産の人気は今後も持続すると思われます。

View Detail

空室リスクへの対応

室内

マンション経営では空室対策が重要です。空室対策としては、賃貸物件への新たな投資や積極的な広報活動、家賃等の入居条件の緩和などが考えられます。いずれも収支計画を悪化させる恐れがありますので注意しなければなりません。

View Detail

Copyright© 2016 管理会社に空室対策を代わりにしてもらうという方法 All Rights Reserved.